TOP経営革新について > 経営革新のデメリット

経営革新のデメリット

経営革新のデメリットには何があるでしょうか?明確にデメリットと言えるものではないかもしれませんが、以下にいくつか挙げてみました。

1:承認を得ても、即効性があるとは限りません。

経営計画の承認を得ただけでは、国から「がんばる企業」と認められるだけです。引き続き計画を実行していかなければ、効果は期待できません。そういう意味で、補助金や融資などに比べると、即効性に欠ける点があるといえます。

2:必ずしも支援策を受けられるわけではありません。

経営革新支援策の中には、留保金課税の停止措置など、承認を得ればほぼ自動的に支援が受けられるものもあります。しかし、補助金や政府系金融機関の低利融資などの支援策を受けるためには、別途支援機関の審査が必要です。計画の承認は、これらの支援措置を保証するものではありませんので注意が必要です。

3:申請手続きがやや煩雑です。

経営革新計画の申請には、たくさんの書類を作成し準備する必要があります。慣れていない方には手続きが煩雑に思えることもあるでしょう。こういった手続き面での障害は、ぜひコンサルタントを有効に活用して、うまく回避していきましょう。

経営革新計画の融資・資金調達の留意点はこちらに記載しています。
経営革新計画のその他の留意点はこちらに記載しています。

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。