TOP経営革新について > 事業承継には経営革新

事業承継には経営革新

経営革新は後継者教育にも役立ちます。事業承継計画の中には、ぜひ経営革新計画の申請承認を盛り込みましょう。

■経営革新とは

中小企業が新しい事業を行う際に、ビジネスプランを作成して都道府県に申請し、承認が得られた場合に、様々な公的支援を受けられる制度のことです。経営革新の承認を得ると、低利融資の実現、信用保証枠の拡大、留保金課税の免除、補助金等様々な支援策への道が開けます。

■事業承継おける経営革新のメリット

事業承継に経営革新計画の承認申請を組み入れることで、以下のような効果が期待できます。

(1)後継者教育に役立つ

経営革新計画の策定には、自社の経営状況を全体的な視野で把握して、今後の進むべき方向性を見定める必要があります。後継者に経営革新計画の策定を任せることで、効果的な後継者教育が実現できます。経営革新計画の策定作業を通して、後継者は経営全般の知識を身に付け、経営者としての資質を磨いていくことができるのです。


(2)経営革新計画の実現性が向上する

後継者自身が経営革新計画を策定することで、後継者としての責任感が強化されます。また、組織の世代交代を通して、新たな気持ちで経営革新計画を実行するため、計画が実現されやすくなります。

(3)事業承継が進みやすくなる

後継者を推進者とした経営革新計画を立てることで、事業承継が円滑に進みやすい環境を作ることができます。経営革新を実行するために、後継者を中心に組織の結束が強化されます。後継者がリーダーシップを発揮して経営革新計画を実行していくことで、組織内外にその地位を認めてもらいやすくなるのです。

このように、経営革新を事業承継に活用することで、経営革新の実現性がアップすると同時に、世代交代も円滑に進めやすくなるといえます。

事業承継にお困りの企業様は、経営革新計画を通した世代交代を検討してみてはいかがでしょう。

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。