TOP経営革新について > 経営革新の活用率が低いわけ

経営革新の活用率が低いわけ

経営革新の支援事業はとても強力で、中小企業にとっても有益なものばかりです。しかし残念なことに、この経営革新制度は、びっくりするくらい活用されていません。どうしてこれほど活用度が低いのでしょうか?

その原因には以下のものが考えられます。

・経営革新制度の存在自体が知られていないこと
・支援内容のメリットが見えにくいこと
・支援を受けるための手続きが煩雑で面倒くさいこと
・支援内容に難解な用語が多く、とっつきにくいこと
・経営革新計画の策定を支援する専門家が不足していること

そもそもこの経営革新支援事業の知名度が低いことが考えられます。
また、支援を受けるための手続きが煩雑で面倒くさく、経営革新のメリットもいまいち分かりにくいのも原因かもしれません。
もし税務申告が義務ではなかったら、皆さんは決算書を作成するでしょうか? しない企業がほとんどだと思います。
経営革新計画の策定は、義務化されているわけではないので、その重要性をついつい見逃してしまいがちです。しかし、変化する外部環境に対応し、絶えざるイノベーションを起こすことが企業継続にとって極めて重要なわけです。ですので、中小企業のイノベーションを促進する経営革新計画の制度は、日本の市場競争力を維持・向上させていくためには必須の制度と言えるのです。

「経営革新の承認さえ得られれば融資してもらえる」とか、「計画が承認されれば補助金がもらえる」と短絡的に勘違いしている企業が多いようですが、経営革新計画を通してイノベーションを起こすことこそが、本質的に重要なことだと思います。

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。