TOP経営革新について > 経営革新相談窓口を利用するメリット

経営革新相談窓口を利用するメリット

各都道府県には、経営革新計画の申請を支援する公的な相談窓口があります。中小企業支援センターとか、県産業振興センターとかそういう名前がついた公益財団法人が運営していたり、商工会議所に経営革新計画の支援窓口があったりします。

例えば東京都では、本丸の都庁だけではなく、以下の窓口でも申請の相談・手続きを行うことができます。

(財)東京都中小企業振興公社
東京商工会議所
東京都商工会連合会

こういった相談窓口には中小企業診断士など経営革新計画の専門家やアドバイザーなる方がいて、経営革新計画の承認を得たい中小企業に対してアドバイスをしてくれます。

これら支援機関をうまく活用できれば、効率的に経営革新計画の承認を得ることができるでしょう。ただし、安易に頼りすぎるのも危険ですので注意してください。

一般的に、経営革新相談窓口を利用することのメリットには以下のようなものがあります。

  1. 申請前に計画そのものが経営革新計画として認められるかどうかの判断がしやすい。
  2. 第三者からの客観的なアドバイスがもらえるため、計画の漏れやリスクに気づくことができる。
  3. 窓口担当者が経営革新計画の申請に慣れていれば、申請プロセスを迅速に行える。
  4. 申請窓口の担当者と顔見知りであれば、そのコネクションを通して効率的に申請できる。
  5. 親切な窓口担当者であれば、必要な資料の下書き等を作成してくれる。

このようなメリットをうまく引き出すことができれば、独力で申請を行うよりずっと効果的です。とくに4については、何度も経営革新計画の申請支援をしたことのある熟練した担当者であれば、都道府県の申請窓口担当者とも長年の信頼関係を構築できていることが多いので、その人脈を使わない手はありません。都道府県の申請窓口担当者も「この人が持ってくる案件であれば大丈夫だろう」と受け入れてくれやすくなることがあります。

いずれも、良い専門家に当たれば、という前提条件付きですので、すべての専門家がこのようなメリットを持ち合わせているわけではないことに注意してください。

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。