TOP経営革新について > 経営革新計画の9つのメリット

経営革新計画の9つのメリット

中小企業が経営革新計画の承認を得ると、どんな効果があるのでしょうか? そのような疑問点を解消するために、経営革新のメリットをご説明しています。

「自社の商品・サービスを効果的にPRして、お客様に感謝されたい」

そう思ったことがあるのなら、まずはこのビデオを見てみてください。今なら、「ウェブ・セールスコピーの法則」30日間無料でお試しできます。詳しくはこちらの内容をご確認ください。

1:様々な支援措置を受けることができます。

経営革新計画の魅力としてもっとも分かりやすいのは、国から「がんばる企業」として公認を受け、様々な支援措置を優先して受けられるようになることです。

具体的には、以下のような効果が期待できます。

政府は毎年中小企業の支援に数千億円もの予算を投入していますが、もちろんこの予算の財源は税金で賄われています。私たち国民や法人が国に納めている税金で、中小企業に補助金を支給したり、有利な条件で融資をしたりしているわけです。

つまり、経営革新計画の承認を得てこれらの優遇策を活用することは、個人・法人として国に収めている税金を取り戻すことになるのです。これからの大増税時代を生き抜くためには、このような公的支援策を有効活用し、税金を支払う企業から税金をもらう企業へと戦略的な転換を図る必要があるといえます。

もっと詳しい経営革新の支援策はこちらをご覧ください。

2:公的機関とのパイプができて、有益な中小企業施策情報が手に入ります。

経営革新計画の承認によって、公的機関からの有益な情報が得やすくなり、様々な中小企業支援策の活用が可能になります。

国が用意している中小企業支援策は、極めて数が多く、また、年度や都道府県によって内容が異なります。中小企業施策の情報に詳しい企業は、そういった支援策を有効に活用し、特に地方などでは毎年のように補助金を得ている中小企業施策の常連企業もあるくらいです。

一方で、支援策の存在を知らない企業は、その有効性に気が付かず、自社に合った施策があってもまったく活用できていません。中小企業施策には、このような情報の非対称性による活用格差が生じているのが現状です。

経営革新計画の承認を得ると、経営革新支援策のみならず、その他の中小企業施策の情報についても敏感になります。また、経営革新の承認を得るプロセスで、公的機関との接点ができ、様々な情報を入手することが可能になります。

3:事業の現状や課題を見極めることができます。

経営革新計画では、3〜5年の中長期計画を立案するため、経営目標が明確になります。また、業界やマーケットの分析を行うため、全体像が明確になり、自社のポジションや課題が目に見えるようになります。

4:御社の組織力を向上させることができます。

経営者自身が計画を紙面に落とし込むことで、計画が目に見えるものとなるため、経営方針が全社員に浸透し、モチベーションアップにつながります。また、全社員が一丸となって経営目標の達成に努力する組織体制が実現できます。

5:御社の業績をアップさせることができます。

経営革新計画を作成することによって目標が明確となるため、業績の改善を図りやすくなります。また、新分野への進出により、新規開拓が図れ、売上増大につながりやすくなります。

実際に経営革新計画の承認を得た企業と、得ていない企業との間には、売上高で13.4%、営業利益で4.0%もの差が出るというデータも存在します。

6:銀行の格付けアップなど会社の対外信用度向上が図れます。

やる気のある中小企業として公的機関のお墨付きをもらうことにより、他者評価が向上します。また、経営革新承認企業であることを積極的にプレスリリースすることで、新聞に掲載されたり、メディアに取り上げられることが多くなります。

たとえば、(1)金融機関に対する格付けがアップし、融資が降りやすくなる、(2)顧客の目に触れる機会が増え、受注拡大が図れる、(3)社会的認知度が向上し、優秀な人材を確保しやすくなる、などの効果が期待できます。

7:内外に対する説明資料となります。

経営革新で作成するビジネスプランは、社内・社外の関係者への説明資料となります。ビジネスプラン等を積極的に情報開示していくことで、御社事業への理解や協力体制を生み出しやすくなります。

ちなみに、自社のビジネスプランや事業計画書を作成できないために経営革新計画の承認が得られない方が多いのですが、まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになります。

8:経営計画のブラッシュアップが図れます。

計画の作成及び審査を受ける過程で、自社の計画に対する第三者的な意見を把握することができるため、計画の更なる充実を図ることができます。

9:イノベーションを起こせます。

経営革新計画は、中小企業のイノベーションを促進する制度です。変化する外部環境に対応し、絶えざるイノベーションを起こすことが企業継続にとっては極めて重要です。そういう意味では、経営革新計画を通してイノベーションを起こすことこそが、中小企業にとっての本質的なメリットといえます。 経営革新計画は、日本の市場競争力を維持・向上させていくためには必須の制度といえます。

以上が経営革新計画の承認を受けることによって得られるメリットと考えられます

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。