TOP経営革新について > 経営革新計画とは

経営革新計画とは

簡単にいうと、企業が新しい事業を行う際に、ビジネスプランを作成して役所に申請し、承認が得られた場合に、様々な公的支援を受けられる制度のことです。

どうしてこのような制度が生まれたのでしょう?

かつて、中小企業であれば誰でも支援してもらえる時代がありました。中小企業は、小さくて弱い立場であり、とにかく支援してあげましょうという国の方針があったからです。

しかし、中小企業支援の財源が、国民の大事な大事な税金であることを考えれば、このような甘い政策がいつまでも続くわけがありません。近年になって、国は方針を変えました。もはや中小企業だからという理由だけで救済するわけにはいかなくなったのです。

支援する価値のある「がんばる中小企業」のみを選択し、集中して支援する。中小企業支援はまさに「選択と集中」へと方針転換されたのです。

それでは国は、やる気のある中小企業とそうでない中小企業をどうやって見分けるのでしょうか?全国に470万社もある中小企業の中から、やる気のある中小企業だけを選別して支援していくためには、なんらかの判断基準が必要になってきます。

そこで導入されたのが、「経営革新計画承認制度」です。経営革新を申請し、国に承認された中小企業が、いわゆる「がんばる中小企業」として、支援策の恩恵を受けることが可能になったのです。

経営革新計画の承認を得ると活用できる様々な支援措置

要するに、経営革新の承認を得るということは、国から「あなたはやる気のある中小企業だから、税金を使ってでも支援してあげますよ」と、がんばる企業の太鼓判を押されるということなのです。

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。