TOP > 経営革新計画の主な支援策

経営革新計画の主な支援策

東京都の経営革新計画支援策

東京都の経営革新計画の承認を取ることで申請の権利を得られる融資・補助金制度とは?

東京都革新商材事業化支援事業助成金

東京都の経営革新計画の承認を受けた企業が申請できる補助金「東京都革新商材事業化支援事業助成金」とは?

東京都の市場開拓助成事業

東京都の中小企業が活用できる補助額最大300万円の販路開拓補助金「市場開拓助成事業」とは?

海外展開事業の資金調達策

海外展開をご検討されている中小企業の方は、「経営革新計画の承認」を得ておくことをお勧めします。

ちば中小企業元気づくり助成事業

千葉県の経営革新計画の承認を取ることで申請の権利を得られる補助金制度「ちば中小企業元気づくり助成事業」とは?

挑戦支援融資制度

経営革新計画の承認を得ると、期限一括返済や償還順位の劣後等の特例を設けた出資に近い融資制度「挑戦支援融資制度」も使える場合があります。

日本政策金融公庫の新事業活動促進資金

経営革新計画の承認を受けると、通常の条件よりも優遇された日本政策金融公庫の融資「新事業活動促進資金」の利用資格を得られます。

経営革新関係補助金

経営革新計画の承認を得た企業しかもらえる資格のない補助金があります。

ベンチャーファンドからの投資

経営革新計画の承認を得た中小企業は、ベンチャーファンドからの投資・経営支援を受けることが可能です。

中小企業投資育成株式会社からの投資

経営革新計画の承認を得れば、資本金が3億円超の株式会社も中小企業投資育成株式会社の投資・育成支援を受けることが可能となります。

信用保証枠の拡大

「信用保証」とは、中小企業者が金融機関から融資を受ける際、信用保証協会に債務保証をしてもらう制度です。

政府系金融機関による低利融資制度

政府系金融機関では、中小企業に対して、事業に必要な資金を低利・長期・固定で融資しています。経営革新計画の承認を受けると、通常の条件よりも優遇された特別貸付を受けることができます。

高度化融資制度

高度化事業とは、中小企業が共同で工場団地・卸団地・ショッピングセンターなどを設置する事業に対して、貸付けやアドバイスの支援を受けられる制度です。

小規模企業設備資金貸付制度の特例

経営革新計画の承認を受けた従業員数50人以下の中小企業者は、設備資金を長期間・無利息で借りることができます。

同族会社の留保金課税の停止措置

留保金課税の免除措置は、平成20年度の改正により廃止となりました。

設備投資減税(中小企業等基盤強化税制)

経営革新計画の承認を得ると、設備投資減税を受けることが可能です。うまく活用すれば、大幅な節税を実現できます。

販路開拓コーディネート事業

経営革新計画の承認を得ると、大規模なマーケットである東京圏・大阪圏をターゲットとして販路開拓支援を受けることができます。

中小企業総合展

経営革新計画の承認を得ると、日本最大級のビジネスマッチングイベントである中小企業総合展への出展可能性がアップします。

特許関係料金減免制度

経営革新で開発した新技術について特許申請を行う場合、その費用を軽減してもらうことができます。


追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。