TOP経営革新計画の主な支援策 > 販路開拓コーディネート事業

販路開拓コーディネート事業

経営革新計画の承認を得ると、販路開拓支援を受けることができます。この販路開拓コーディネート事業とは、大規模なマーケットである東京圏・大阪圏をターゲットとして、経営革新企業の新商品・サービスの市場化・事業化を促進する制度です。

具体的には、東京・大阪の中小企業・ベンチャー総合支援センターに、商社OB等の販路開拓の専門家を配置し、経営革新企業が開発した新商品等を、商社・企業などに紹介したり、取り次ぎを行い、市場へのアプローチを支援します。

手続きの流れ

1:販路開拓の相談・依頼

都道府県等中小企業支援センター等に相談します。その際、商品・サービスの新規性など、一定の条件を満たす必要があります。

2:販路開拓支援の推薦

都道府県等中小企業支援センター等は、経営革新企業のマーケティング企画のブラッシュアップを支援します。同時に、東京または大阪の中小企業・ベンチャー総合支援センターに推薦します。

3:販路開拓専門員による紹介・取り次ぎ

東京・大阪の中小企業・ベンチャー総合支援センターは、推薦案件に適した販路開拓コーディネーターを選定します。販路開拓コーディネーターは、新規顧客の開拓と開拓先への紹介・取り次ぎを行います。

販路開拓コーディネート事業の流れ

販路開拓コーディネート事業の流れ

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。