TOP経営革新計画の主な支援策 > 経営革新関係補助金

経営革新関係補助金

「補助金」とは、原則返済する必要もなく、利息も付かない「もらいきりの資金」のことです。「助成金」「給付金」「奨励金」と呼ばれることもありますが、意味はだいたい同じです。補助金が事業活動に与えるインパクトはとてつもなく大きく、もらえる額の10倍〜20倍以上もの売上に匹敵すると言われます。

補助金はもちろん国民の税金が財源です。御社がもらわなければ、他企業がもらうことになります。それはもしかしたら御社のライバル企業かもしれません。

とはいえ、補助金はもらう前ももらった後も、書類作成や報告義務など手間のかかる手続が必要となり、使い道も厳密に指定されている場合が多いため、中途半端な気持ちで申請するのはオススメできません。

「自社の商品・サービスを効果的にPRして、お客様に感謝されたい」

そう思ったことがあるのなら、まずはこのビデオを見てみてください。今なら、「ウェブ・セールスコピーの法則」30日間無料でお試しできます。詳しくはこちらの内容をご確認ください。

経営革新関係補助金の概要

17年度まで国と都道府県がそれぞれ1/3ずつ計2/3を限度として補助する経営革新補助金がありましたが、残念ながら18年度に廃止されてしまいました。

しかし、各都道府県によっては、引き続き経営革新計画承認企業に対して直接補助する制度があります。詳しくは経営革新計画を申請する都道府県担当部局に問い合わせてみてください。


東京都の経営革新関連補助金はこちら
千葉県の経営革新関連補助金はこちら

経営革新の承認を得ている中小企業は100社中1社もありません。つまり、経営革新の承認を得た時点で、すでに1/100以上の競争を勝ち抜いていることになります。その中から補助金をもらえる企業が決まるわけですから、補助金額の割には競争率が低いと考えられます。

また、経営革新計画の承認を得ていなくても申請できる補助金・助成金がありますが、そういう場合においても、経営革新計画の承認を得ておくと、審査の際に有利にはたらくことがあります。

補助金申請のポイント

補助金・助成金は審査によって採択の可否が決まります。事業の目的や経費の使途がその助成事業に適したものであればあるほど採択される可能性は高くなります。補助金の申請を検討する場合には、助成対象者に該当するか、補助率(経費の何割を補助してもらえるのか)、補助対象となる経費項目などを確認しましょう。

補助率とは、トータル経費のうち、補助対象となる経費の割合のことです。例えば、補助率2/3という場合、900万円の経費がかかったとすると、その2/3の600万円まで補助金をもらうことができます。


4:ポイント整理

  • 補助金は、利子も付かないもらいきりの資金。
  • 補助金は、その10倍〜20倍以上もの売上に匹敵します。

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。