TOP経営革新計画の主な支援策 > 東京都の市場開拓助成事業

東京都の市場開拓助成事業


補助額最大300万円
東京都の経営革新計画承認企業が申請できる
展示会出展・販路開拓のための補助制度

東京都の経営革新計画の承認を受けた企業が申請できる補助金として「市場開拓助成事業」「東京都革新商材事業化支援事業」の2つがあります。

市場開拓助成事業とは、開発した新製品・新技術の販路開拓のために、国内外の展示会・見本市への出展や広告掲載に必要な経費の一部を助成する補助金制度です。「経営革新計画」など、東京都が指定する支援制度で認定を受けた事業が対象になります。

市場開拓助成事業の概要

【助成限度額と助成率】

助成限度額:300万円

助成率:1/2以内

例えば、展示会出展などに必要となる経費が500万円だった場合、その1/2である250万円の補助を受けることができます。経費が800万円立った場合、1/2の400万円ではなく、補助限度額の300万円までとなります。

【主な申請資格】

東京都内に主たる事務所を持つ中小企業者等で、以下の助成申請資格となる支援事業の認定などを取得していることが条件となります。

【助成申請資格となる支援事業と必要要件】

・経営革新計画の承認(前年の12月締めまでの承認)
・東京都ベンチャー技術大賞の大賞、優秀賞、奨励賞、特別賞
・新事業分野開拓者認定・支援事業(東京都トライアル発注認定制度)の認定
・東京デザインコンペティション事業(東京ビジネスデザインアワード)のテーマ賞
・外国特許出願費用助成事業の採択
・ニューマーケット開拓支援事業
・事業可能性評価事業で「可能性あり」
・東京の伝統的工芸品チャレンジ大賞の大賞、優秀賞、奨励賞
・新製品・新技術開発助成事業
・社会的課題解決型研究開発助成事業
・革新的技術の事業化支援事業
・中小企業事業化支援ファンド
・地域資源活用イノベーション創出助成事業(地域中小企業応援ファンド)
・重点戦略プロジェクト支援事業
・都市課題解決のための技術戦略プログラム(製品開発プロジェクト助成事業)
・海外販路開拓支援事業(海外販路ナビゲータによるハンズオン支援)
・知財戦略導入支援事業(ニッチトップ育成支援事業)


【申請受付期間】

毎年2月頃
(H25年は2月13日〜2月15日)

※申請手続きの前に、申請書類提出希望日を申し込む必要があります。
<申請申し込み事前予約⇒申請>の流れとなっていますのでご注意ください。

その申し込み期間は以下となっています。

【申請書類提出希望日申込期間】

毎年1月〜2月頃
(H25年は1月22日〜2月6日)


【補助対象経費】


以下のような経費が補助対象になります。

(1)国内・海外の見本市・展示会等の参加費
・出展小間料:ブース代
・資材費:装飾費、出展に必要な資材費(ポスター・パネル作成)、備品・機器等のリース代、会場での光熱水費
・輸送費:運搬委託費
・販売促進費:会社案内、パンフレット等の作成費、会場内放映用PRビデオ(1本分)の製作費
・通訳費

(2)広告費
・新聞・雑誌への広告掲載費
※インターネット広告は対象外です。
※また、(1)の展示会参加費の20%以内が限度です。


【審査のポイント】


審査は主に書面審査と面接審査がありますが、審査のポイントとして、以下が挙げられています。

・企画内容
・優秀性
・市場性
・必要性
・効果予測

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。