TOP経営革新計画の主な支援策 > 信用保証枠の拡大

信用保証枠の拡大

融資を断られていた中小企業が、経営革新によって複数の金融機関から融資の営業を受ける立場に…。


「信用保証」とは、中小企業者が金融機関から融資を受ける際、信用保証協会に債務保証をしてもらう制度です。経営革新計画の承認を受けた中小企業については、(1)普通保証等の別枠規定、(2)新事業開拓保証の限度額引き上げの2つがあります。対象者は、経営革新計画の承認を受けた中小企業および組合等になります。

「信用保証の特例」概要

1:普通保証等の別枠規定


限度枠 通常 別枠
普通保証 2億円 2億円(組合は4億円)
無担保保証 8,000万円 8,000万円
無担保無保証人保証 1,250万円 1,250万円

「経営革新計画」の承認事業に対する資金に関して、通常の付保限度額と同額の別枠を追加して使用することができます。

例えば、通常は、無担保保証枠の上限8,000万円のところが、経営革新が承認されると、さらに8,000万の別枠が増えるため、最高で合計1億6,000万円の保証を受けることが可能になります。

※無担保無保証人保証の対象者は小規模企業者となります。小規模企業者とは、従業員20人以下(商業・サービス業の場合は5人以下)の事業者となります。

普通保証等の別枠規定の事例
事例:A社
  • 借り入れ希望額:2,000万円
  • 保証協会枠:2,000万円
  • 既存の保証協会付き借り入れ額:2,000万円(すでに保証枠いっぱい)
(※「中小企業新事業活動法 補助金活用実務マニュアル」を参考)

このA社は、新事業を実行するための資金として、2,000万円の融資を必要としています。そこで、A社は、メインバンクの担当者に融資の相談をしましたが、

「プロパーでは貸せない」
「保証協会の限度額いっぱいだから、その返済がないと貸せない」
という具合に断られてしまいました。よくあるお話ですね。

A社の場合、すでに2,000万円の保証枠いっぱいまで借り入れをしていますので、メインバンクの担当者が指摘するとおり、通常であれば、借り入れを返済しない限り、この保証枠を利用した融資は受けることができません。

しかし、ここでもしA社が経営革新の承認を得ていれば、支援策である信用保証の特例を利用して、必要な資金調達が可能になります。つまり、信用保証協会の無担保保証枠の別枠を利用するわけです。

A社の場合、さらに2,000万円の無担保保証枠が与えられることになります。したがって、保証協会の無担保枠であと2,000万円の借り入れが可能になるのです。

それだけではありません。この「信用保証の特例」と、支援策の一つである政府系金融機関による低利融資制度の「3/4までの担保免除の特例」を組み合わせて活用することによって、さらに大きな融資を得ることが可能になるのです。

この別枠でできた2,000万円の無担保保証枠は、金融機関への担保として扱うことが可能です。つまり、この2,000万を担保にして、政府系金融機関の低利融資を申請し、3/4までの担保免除の特例を活用すれば、最大8,000万円の融資を得ることが可能になります。(実際は、企業の与信状況によって上限が変わってきます。)

経営革新制度を活用すれば、融資を断られていた企業でも必要な資金調達ができてしまう。このように、経営革新の支援策を組み合わせた結果得られるメリットを考えると、この経営革新制度が中小企業にとっていかに強力で魅力的なものか、ご理解いただけるはずです。

2:新事業開拓保証の限度額引き上げ

経営革新のための事業を行うために必要な資金に関わるもののうち、新事業開拓保証の対象となるもの(研究開発費用)について、付保限度額を引き上げています。

  • 通常:2億円⇒3億円
  • 組合:4億円⇒6億円

※他の支援策による特別枠をすでに利用されている企業様は、利用可能な枠が制限される場合があります。

3:ポイント整理

  • 経営革新承認によって、信用保証枠の別枠がもらえます。
  • 融資を断られていた企業が、経営革新によって融資を受けることが可能になります。
  • 支援策を組み合わせることによって、更に大きな融資を得ることが可能になります。

関連リンク

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。