TOP経営革新計画の主な支援策 > ベンチャーファンドからの投資

ベンチャーファンドからの投資

「いつかは株式公開を果たして上場企業になりたい」

株式公開は、経営者なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

経営革新計画の承認を得た中小企業は、株式公開を行ううえでも有利です。経営革新計画に従って、経営革新のための事業を行い、株式公開を目指す未公開株式会社は、ベンチャーファンド(投資事業有限責任組合)からの投資の対象となっているからです。

ベンチャーファンドの仕組み

ベンチャーファンドの仕組み

ベンチャーファンドとは、民間のベンチャーキャピタル(投資会社)が運営する基金のことで、ベンチャー企業等への投資の円滑化を目的としています。このベンチャーファンドには、中小企業基盤整備機構が有限責任組合員として出資を行っています。

ベンチャーファンドは、投資対象の株式会社の株式や新株予約券付社債などを購入することによって、将来上場の可能性がある企業に対して投資を行います。ベンチャーファンドは、公開された株式を市場で売却することによって利益を得ます。

そのため、ベンチャーファンドでは、単に投資を行うだけでなく、投資した企業が企業価値を高め、株式公開を実現できるよう経営支援も行っています。

投資を受けたい企業様、将来株式公開を目指す企業様は、ぜひ経営革新計画の承認を得て、ベンチャーファンドからの投資と支援を受ける資格を手に入れてください。

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。