TOP > 経営革新用語集

経営革新用語集

業種別審査事典

日本に存在するほぼすべての業種を網羅的に解説業種別審査事典とは?

責任共有制度

責任共有制度とは、中小企業に貸し出す信用保証協会付き融資の保証割合を100%ではなく80%にすることで、貸し倒れリスクを銀行と信用保証協会で共有する制度です。

リスケジュール

リスケジュールとは、銀行債務を繰り延べることを指します。

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)は、中小企業の連鎖倒産を防止するための共済制度です。

中小企業基盤整備機構

中小企業基盤整備機構とは、中小企業などの事業者の事業活動活性化のための基盤の整備を行う独立行政法人です。

小規模企業共済制度

小規模企業共済は、中小企業基盤整備機構が運営する小規模事業経営者のための退職金制度です。

3C分析

3C分析とは、経営戦略を立案する際、自社の内外環境を整理するために使用するフレームワークの一種です。

マル経融資(経営改善貸付)

マル経融資(経営改善貸付)とは、小規模事業者を対象とした日本政策金融公庫の融資制度です。

商工組合中央金庫(商工中金)

政府系金融機関である商工組合中央金庫(商工中金)について説明しています。

信用保証協会

信用保証協会とは、小規模企業や中小企業が金融機関から融資を受ける際に、債務保証をしてくれる公益法人です。

新創業融資制度

新創業融資制度とは、政府系金融機関である日本政策金融公庫提供している創業者向けの融資制度です。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、小規模企業や中小企業などが融資を受けることのできる政府系金融機関です。

政府系金融機関

政府系金融機関とは、国の政策を実現する目的で設立される公的な金融機関のことです。

小規模事業者

平成25年頃から、小規模企業をいかに活性化させるかが中小企業政策の重点課題として挙げられるようになってきています。

経営革新等支援機関(認定支援機関)

経営革新等支援機関(認定支援機関)は、 中小企業に対して専門性の高いサポートを行う支援機関を認定・育成することを目的として創設されました。

融資の据置期間

据置期間とは、融資実行日から元金の返済を開始するまでの期間を指します。

SWOT分析

SWOT分析とは、企業が持つ内部資源と企業を取り巻く外部環境から、現状のビジネス環境を分析するためのフレームワークのことです。

新事業活動

中小企業新事業活動促進法の第2条第5項によれば、「新事業活動」とは、以下の4つの「新たな取り組み」のことを指します。

日本標準産業分類

経営革新申請書の別表1に記載する「日本標準産業分類の細分類」はこちらのページでお調べください。

中小企業診断士

中小企業診断士とは、中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する資格で、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家のことです。

付加価値額

中小企業新事業活動促進法では、付加価値額は、営業利益と人件費、減価償却費の合計となります。その式に秘められた国の思惑とはいったいなんでしょう。

経営革新

経営革新ってそもそも何なの?激しい競争の中で生き残りを目指す中小企業にとって、不断の経営革新は絶対に必要です。


追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。