TOP経営革新用語集 > 中小企業診断士

中小企業診断士

わが国唯一の経営コンサルタント国家資格。

中小企業診断士とは、中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する資格で、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家のことです。

簡単に言うと、経営に関する様々な相談にのってくれる中小企業のアドバイザーのような存在です。

中小企業診断士の専門分野は多岐にわたり、経営戦略立案、人事・労務、営業・マーケティング、財務・会計、生産管理、店舗販売施設管理、情報システム、経営法務、企業再生、創業・承継支援、中小企業施策など、数え上げればきりがありません。

また、中小企業診断士は、経済産業省に認められた資格制度ですので、同じく経済産業省が推進している経営革新申請支援を行うに相応しい専門家であるといえます。

要するに、御社の経営革新計画を認否する権限を持つ国が「経営革新申請で何か分からないことがあれば、中小企業診断士に聞いてください」と言っているわけです。

経営革新計画書作成に従事する弊社のスタッフは、全員が中小企業診断士の有資格者です。

中小企業診断士 関連リンク

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。