TOP経営革新用語集 > 小規模企業共済制度

小規模企業共済制度

小規模企業共済は、中小企業基盤整備機構が運営する小規模事業経営者のための退職金制度です。小規模企業者が積み立てを行い、事業をやめたり、退職したときに共済金を一括または分割で受け取ることができます。

原則、小規模企業の役員または共同経営者であれば加入することができます。

掛金月額は、1,000円から70,000円の範囲内で500円刻みで自由に選べます。

掛け金が全額所得控除されるため、節税メリットもあります。また、共済金を一括で受け取る場合には退職所得扱いになり、分割で受け取る場合には公的年金等の雑所得扱いとなります。この場合も退職所得控除などの節税効果が期待できます。

過去3年間で4,000社以上の会社が19.8%の節税に成功している方法を知りたいと思いませんか?
一回の決算で購入金額の何十倍を取り返すことができます。お申し込みはこちら

さらに、納付した掛け金総額の範囲内で事業資金などを借り入れることができる契約者貸付制度があります。契約者貸付制度は、無担保・無保証人・有利子です。

こちらのシミュレーションで小規模企業共済に加入した場合にもらえる共済金と加入後の節税効果を試算できます。

小規模企業共済制度の詳しい情報はこちらでご確認ください。

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。