TOP経営革新用語集 > 融資の据置期間

融資の据置期間

銀行などの金融機関から融資を受ける際に、据置期間を設定できることがあります。

「自社の商品・サービスを効果的にPRして、お客様に感謝されたい」

そう思ったことがあるのなら、まずはこのビデオを見てみてください。今なら、「ウェブ・セールスコピーの法則」30日間無料でお試しできます。詳しくはこちらの内容をご確認ください。

据置期間とは、融資実行日から元金の返済を開始するまでの期間を指します。つまり、元金の返済を「据え置く」わけです。据置期間中は、元金の返済をする必要がありません。ただし、利息は支払う必要があります。

経営革新計画では、この据置期間が長期に設定されているのも魅力です。経営革新計画の承認を得て融資を受ける場合、運転資金であれ設備資金であれ、新規事業への投資という意味合いが強くなります。新規事業のスタートアップ期は、売上が出るまでに時間がかかることが多いものです。そのような場合に備え、据置期間を半年とか1年とか設定しておくと、計画的な返済ができるようになります。

銀行とうまく交渉できない方の中には、自社のビジネスプランや事業計画書を作成できない方が多いのですが、ゼロから作ろうとせず、事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになります。

据置期間を設定したい場合は、あらかじめ銀行担当者に要望を伝えるようにしてください。何も言わないと「据置期間なし」で融資が実行され、借入の翌月から元利金の返済を開始しなければならなくなる場合があります。ご注意ください。

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。