TOP経営革新用語集 > SWOT分析

SWOT分析

SWOT分析とは、企業が持つ内部資源と企業を取り巻く外部環境から、現状のビジネス環境を分析するためのフレームワークのことです。強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つの軸で企業が置かれた現状を評価・分析することから【SWOT分析】と呼ばれています。

S:強み(Strength)…… 自社が持つ強みのことである
W:弱み(Weakness)…… 自社が抱える弱み、弱点のことである
O:機会(Opportunity) …… 自社にとってビジネスチャンスとなる要因のことである
T:脅威(Threat) …… 自社にとって障害や困難、ピンチとなる要因のことである

SWOT分析は、企業が今後の事業戦略を導き出す上で、現状を分析するツールとして活用されている手法です。もちろん、経営革新計画を策定する際に効果的に活用することができます。

SWOT分析を行った上で既存事業の強みや弱みを把握し、環境変化に応じた新規事業戦略を導き出すためには、クロスSWOT分析を行います。すなわち、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つを様々に組み合わせ、取れる戦略の選択肢を洗い出すのです。

クロスSWOT分析の組み合わせとしては以下があげられます。

・強み×機会 →どうすれば、強みを活かして機会をモノにできるか?
・弱み×機会 →どうすれば、弱みを克服して機会をモノにできるか?
・強み×脅威 →どうすれば、強みを活かして脅威を回避できるか?
・弱み×脅威 →どうすれば、弱みと脅威の因果関係を断ち切れるか?

詳しくはこちらの「SWOT分析講座」をお読みください。

追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。