TOPその他の中小企業施策 > 中小企業経営力強化資金の活用

中小企業経営力強化資金の活用

平成24年度補正予算の成立に伴って、新たに新設された融資制度をご紹介します。日本政策金融公庫による「中小企業経営力強化資金」です。これは、中小企業が創業や経営革新に取り組む際に、認定支援機関の経営支援を受ける事業者を対象に、日本政策金融公庫が低利融資を行うものです。

対象者

経営革新または異分野の中小企業と連携した新事業分野の開拓等により市場の創出・開拓(新規開業を行う場合を含む。)を行おうとする者で、認定支援機関の指導及び助言を受けている者。

「経営革新または異分野の中小企業と連携した新事業分野の開拓等」とありますので、事前に経営革新計画新連携などの承認を受けている企業は、融資を受ける上で有利になるでしょう。また、この制度を活用できるのは、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律に基づき認定される「認定支援機関」の指導及び助言を受けている者に限られます。

対象資金

設備資金及び運転資金

貸付限度

中小企業事業 :7.2億円(運転資金2.5億円)
国民生活事業 :7,200万円(運転資金4,800万円)

貸付期間

設備資金:15年以内
運転資金:7年以内

貸付利率

特別利率@(基準利率-0.4%)

3月1日現在の基準利率は、中小企業事業が1.45%、国民生活事業が1.95%ですので、具体的にはそこから-0.4%引いた利率が適用されます。また、国民生活事業においては、貸付金額のうち1,500万円までは、無担保・無保証人であっても、上乗せ金利なしで貸付が受けられます。

貸付条件

中小企業・小規模事業者は、事業計画や経営改善計画を策定し、実行責務を負い、期中の進捗報告を行います。これは認定支援機関に対して進捗報告をする必要があるようです。また、認定支援機関は、事業計画や経営改善計画の策定支援のみならず、期中における継続的な経営支援を実施し、日本政策金融公庫に報告する義務があります。

当事務所は、中小企業庁より上記「認定支援機関」としての承認を受けています。

当事務所の「中小企業経営力強化資金」活用サービス

ご支援料金:
・着手金:100,000円
・継続支援料金:10,000円(月額)よりご相談

【事業計画の策定支援】
(1)御社の新たな取り組みの内容の確認をさせていただきます。
(2)事業計画の妥当性等を確認し、必要に応じ、事業計画の改善等をご支援します。

【事業計画の実行支援】
(1)半年に1回を目安として、事業の進捗状況を把握させていただきます。
(2)事業計画の進捗状況に応じ、事業計画の見直し等をご提案させていただきます。



追伸1:

自社のビジネスプランや事業計画書を作成できなくて困っている方へ。まずは事業計画書テンプレートを利用すると比較的短期間で作成することができるようになりますよ。

⇒詳しい内容はこちらから

追伸2:
<本日の無料Video>
10年後食える仕事、食えない仕事

このVideoでは、政府の統計データや
オックスフォード大学の調査結果など、
複数の信頼できる情報源を元に・・・

・10年後にどんな仕事をしている人が
 食えなくなる可能性が高いのか?

・あなたの仕事を食えないものに
 してしまう3つの大きな原因

・そして、どんな仕事をすれば
食いっぱぐれることなく、しかも、
収入を大きく増やすことができるのか?
について、お話しします…

詳しくはこちら

スポンサードリンク
新規事業、資金調達が必要な中小企業様を対象に、中小企業新事業活動促進法に基く経営革新の情報を提供しています。